Photoshop

【最新版】Photoshopを安く使う方法を画像付きで解説!

Photoshopを安く手に入れる方法は?

こんな悩みを解消していきます。

いち早く知りたい方はこちらをタップ>

 

Photoshopの単体プランは2,480円(税抜)。

知らない人は単体プランを購入してしまうかもですが、今回はそれよりも安く購入する方法を教えていきます。

年間で計算すると19,800円もお得になるので、
少しでも安く購入したい方は必見ですよ。

前置きは終了して本題に入っていきますね。

Photoshopの単体プランについて

制作元Abode
単体プラン2,480円(税抜)

 

単体プランはその名の通りPhotoshopのみ使用することができます。

月額は2,480円。
※1日当たり約80円。

毎日使わない人からすると
高く感じるかと思います。

 

単体プランは高すぎるということで、
より安く購入する方法をこれから伝授していきますね。

 

Photoshopを安く使う方法

 

Photoshopを単体プランよりも安く購入する方法がこれから紹介していきます。

 

Photoshopを安く使う方法は
フォトプランを契約することです。

フォトプランの場合、
月額料金は1,078円(税込)。

単体プランと比較すれば以下。

単体プランフォトプラン
月額料金2,480円(税抜)980円(税抜)

 

月額料金にして1,600円の違い。

年間で計算すると19,800円の料金の差が生まれます。

 

Photoshopを安く使うなら、単体プランでなくフォトプラン一択ということが理解できたかと思います。

さらにフォトプランなら以下のツールが利用可能に。

フォトプランの一覧

  • Photoshop
  • Lightroom
  • Premiere Rush
  • Fresco
  • Bridge
  • Lightroom Classic

上記のとおり、
Photoshop以外のツールも
無料で使用することができます。

使えるツールはたくさんありますが、私はPhotoshopとLightroom以外に使うことは少なめ。

 

使えるツールが多くても料金が安いのはお得ですね。

現在、7日間の無料体験も実施していますので、
とりあえず気になっていたら試すのがいいかと。

 

7日間の無料体験あり

加入から14日以内に解約すれば0円

Photoshopを契約する手順を解説

 

Photoshopのデメリット

 

Photoshopを1年使っている
私が感じるデメリットを紹介していきます。

デメリット

  1. 料金がかかる
  2. 覚えることが多い

順番に見ていきますね。

 

Photoshopのデメリット①:
料金がかかる

 

Photoshopのデメリットの一つ目は
料金がかかることです。

 

出費を抑えて画像編集したいという方は不向きかと。

年間で1万円はこえてきますからね。

 

とはいえ私は1年ほど利用しています。

継続して利用するワケ

  • 使い慣れたから
  • とにかく楽しいから
  • 画像編集に興味がある
  • 社会で役に立つスキルだから

Photoshopは社内で活用される傾向があり、
極めれば割と役に立つスキルになるかと。

もちろんそれだけでなく、画像編集が楽しいという理由もあります。

 

料金がかかるものの、
フォトプランの場合は月額1,078円。

1日当たり30円なので十分にお得です。

 

少しの出費も出したくない方は
無料で使える画像編集ツールの
Canvaなんかがおすすめですよ。

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね♪

 

Photoshopのデメリット②:
覚えることが多い

 

Photoshopのデメリットの二つ目は
覚えることが多いことです。

 

Photoshopでは数百もの機能が搭載しているので、当然覚えることはたくさんあります。

例えば、画像の切り抜き方法やキャンパスサイズの変更方法など一つずつ検索しながら習得していくしかありません。

 

私は1年ほど継続して利用していますので、
基本的なことは習得済みになります。

とはいえ初めの1ヶ月は操作に慣れず、
覚えることが山のようにあって苦戦したものです。

 

Photoshopを使いこなせるようになるには
インプットとアウトプットの両立が大事。

YouTubeもしくは本で学習しながら
一つずつ覚えていくことを推奨します。

 

▪Photoshopを学ぶならこの一冊

 

Photoshopのメリット

 

メリット

  1. 応用的な画像編集が可能
  2. 細かな部分まで編集可能

順番に見ていきますね。

 

Photoshopのメリット①:
応用的な画像編集が可能

 

Photoshopのメリットの一つ目は、
応用的な画像編集が可能であることです。

 

ここでは具体的な例を紹介するのがいいですかね。

以下の写真を合成させます。

イメージとしては線路の上に女性が立つ姿を見せたいところ。

それでは完成した画像をご覧ください。

 

はい。どうでしょうか。

きれいに馴染めていますね。

▶参考:Photoshopで影を作る方法

 

そのほかにも…

before
after

部分的に背景を変えることも可能。

Photoshopにできないことはないというのが本音です。

画像編集の応用を学びたい方は
Photoshopは必見なツールかと。

 

Photoshopのメリット②:
繊細な部分まで編集可能

 

Photoshopのメリットの二つ目は、
繊細なところまで修正ができることです。

 

例えば、貴重な画像に人が映り込んでしまった。
部分的に暗いところを明るくしたいとか。

こんな悩みもPhotoshopなら解消できます。

 

▶参考:Photoshopで不要な部分を除去する方法

 

Photoshopを安く使う方法:まとめ

 

今回はPhotoshopを安く使う方法を伝授していきました。

 

値段的にも大きな差が生まれてくるので、少しでも安く購入するならフォトプランが良さげですね。

この機会に7日間無料でお試しあれ〜。

 

7日間の無料体験あり

※加入から14日以内に解約すれば0円

 

ABOUT ME
アバター
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ