生活

今話題の比較、ランキング動画の作り方を解説!!【PC限定】

比較動画 作り方
比較,ランキング動画を作成したい!どうやって作るのか教えて!

こんな悩みを解消していきます。

 

この記事では今話題の比較動画の作成方法を紹介。

作成するのは以下の動画になります。

 

YouTubeでは最近よく目にするような動画です。

 

現在、この系統の動画は間違いなく伸びやすいのかなと思いますね。

特に短期間でチャンネルを伸ばしたい方は必見です。

では、本題に入っていきます。

まず初めに:比較,ランキング動画を作るために必要なもの3選

 

比較動画を作る際には以下があると便利です。

  1. PC
  2. 動画編集ソフト
  3. 画像編集ソフト

上記の3点です。

 

①PC

 

PCにはスマホでは入れられないソフトやあらゆる操作が簡単という点が最大のポイントでしょう。

スマホでも頑張れば作れそうですが、ちょっと手間がかかるのでPCがよさげかと。

 

動画を投稿していくならどれだけ手間をなくしていけるかが重要になってきます。

手間をなくす分、動画の投稿頻度も上がりますからね。

 

この記事を読んでる方にはPCを所持してるかもですが、一応商品リンク貼っておきます。

結構安いものだと2万円弱で購入可。

あまり安いとはいえないので、ここはあなたの判断にお任せします。

 

②動画編集ソフト

 

比較動画にしろYouTubeに投稿するなら動画編集ソフトは必須です。

>>動画編集ソフトおすすめ3選

個人的におすすめの動画編集ソフトは上記でいくつか紹介してますが、今回はAviutlを使用することを前提に解説していきます。

Aviutlという動画編集ソフトをまだ自分のPCに入れてないよ!という方は以下の動画を参考にしてみてください。

▼Aviutlの導入方法▼

※Aviutlは完全無料で使用することが可能。

 

③画像編集ソフト

 

さて、最後は画像編集ソフトです。

どこで使用するかというと、比較の一つ一つのフレームを変更する際に使用します。

以下の画像がわかりやすいですかね。

※画像

赤枠で囲った1つのフレーム。

10つの比較を行うならば10通りの画像が必要というわけです。

おすすめの画像編集に関しては後ほど紹介しますね。

とりあえず以上の3点が比較,ランキング動画の作成には必要ということを覚えておきましょう。

さてこれから具体的な動画の作成方法について解説していきます。

 

比較,ランキング動画の作り方

 

以下で動画を作る手順を解説。

比較動画の作成手順
  1. テンプレートを作成
  2. Aviutlでレイヤーを挿入
  3. 画像,テキストを追加
  4. Aviutlに画像を適用
  5. エンコードを実施

順番に見ていきましょう。

 

テンプレートを作成

 

まずテンプレートを作成します。

こちらのテンプレートは複数の動画を作成する際に便利になってくるでしょう。

 

テンプレートにはPhotoshopというソフトを用いて作成します。

Photoshopは有料になりますが比較動画を作成する上では必須になるでしょう。

理由は以下。

Photoshopを使う理由

  • 手間がなく効率的
  • 容易に画像の入れ替えが可能

 

実際にテンプレートの作成手順を見ていけばわかりやすいですかね。

Photoshopを開き、
ファイルから新規をクリック。

 

幅315×高さ720のカスタムサイズを作成します。

 

選択ツールを用いて画像挿入部分を作成。

 

選択した状態で[ctrl+J]で複製。

レイヤーを追加できたらとりあえずOKです。

 

次に背景色を設定。

再び選択範囲から
選択した状態で[Shift+F5]

※[Shift+F5]は塗りつぶし機能

 

内容をカラーで自分の好きな色を設定します。

 

以上で塗りつぶしが完了しました。

あとは同じ作業をやっていくだけ。

 

はい。完成です。

 

これで似た具合になったかなと。

もちろんこの辺は自分で好きなようにカスタムしてもらって構いません。

 

型ができたところで次は画像の挿入に関して。

画像を簡単に挿入できるようになるまで

 

画像を簡単に挿入するためには
Altキーを適用すると便利でしょう。

レイヤーの境界線にマウスポインタを持っていきます。

そこで「Altキー」を選択することで以下のように表示。

こちらを適用することで部分的なレイヤーにその効果を適用することが可能。

 

どういうこと?
Altキーをレイヤーに適用している時と、していない時の違いを見比べてみよう!

 

 

Altを適用すれば選択範囲内に画像が収まるわけね!!

Alt適用は以下の動画。

 

「Alt」でレイヤー指定する方法は部分的な調整に役立つ!

便利なAltキーを活用すれば画像を挿入するのに30秒もかかりません。

 

ざっくりでしたが大まかなテンプレートは完成です。

あとはテキストを挿入すれば、、、

これで完成ですね。

この状態でPSDファイルで保存しておきます。

PSDファイルを保存しておけばPhotoshop内で修正・追加が可能になりますから保存しておくのが後々便利になるかと。

PSDの拡張子にするには、
ファイル>別名で保存で完了。

 

1フレーム作成するのに1分もかかりません。

効率化を図るならばやはりPhotoshop一択かと。

 

 

Aviutlでレイヤーを挿入

 

続いてはAviutlを使用していきます。

※Aviutlの導入方法に関しては先程の動画をご参考までに

下のレイヤーにて先ほど作成したテンプレートを挿入していきます。

※画像(ドラッグアンドドロップ)

冒頭であげた動画ならば4つの要素を1画面に収めていました。

今回はそれにならって位置を調整していきます。

※画像(左に詰める)

これを3度繰り返し行う。

※画像(4つ全て収まる)

さて後は左のほうにスライドしていくだけです。

Aviutlではグループ制御を使用します。

時間レイヤー上で右クリック>動画ファイル>グループ制御をクリックします。

※画像の流れ

適用レイヤー数を「4」にして、レイヤーを下に追加。

※画像(下にレイヤー&適用レイヤー4)

グループ制御のx軸を「」にして、全体を移動させます。

※画像(x軸のとこクリック)

以下のように全体が動けばOK。

※gif動画を追加

あとはグループ制御の4つのレイヤーを下のほうにコピーするだけです。

💡Ctrl+Dで下にコピーできるので覚えておくと便利です

以下のように並べれば完成。

※全体画像

こちらも保存しておくのが賢明でしょう。

 

画像,テキストを追加

 

さて下地は完成したので画像,テキストを追加していきます。

先ほどPhotoshopで作成したテンプレートを開きます。

使いたい画像をレイヤーに挿入。

※画像

あとはAltキーで適用。

※先に説明した通りです。

後はテキストを追加していけば完成。

※完成画像

上記のようになればOKです。

 

Aviutlに画像を適用

 

完成した画像をAviutlに適用していきます。

適用する際はレイヤーをクリック。

※画像(点線状態にする)

その後にファイルから以下にドラッグ&ドロップします。

※画像(ここに!テキストを)

そうすれば座標を維持したまま画像が挿入されます。

※画像

これを繰り返していけば一つの動画として完成です。

 

エンコードを実施

 

最後に全体の動画をエンコードしていきます。

エンコードの手順を解説。

ファイル>エンコード>

※画像

ファイル圧縮から、高画質を選択。

※画像

保存をクリック。これでエンコードが開始されます。

エンコードが終了すれば無事動画として出力完了。

※今回、完成した動画を挿入(画像はABCDとかでおけ)

以上で比較動画の作成の手順は終了になります。

 

後は動画をYouTubeにアップロードするだけです。

ここまで比較動画の作成手順を解説していきました。

比較動画の作り方:まとめ

 

今回紹介したテンプレートは自分なりにカスタムするもそのまま活用するもよしです。

 

※PhotoshopとAviutlはインストール必須になります。

導入の際は以下のサイト、動画をご参考にどぞ。

こちらからPhotoshopを導入>>

▶参考:Photoshopを安く買う方法

 

Aviutlを導入

>動画を挿入

ABOUT ME
アバター
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ