YouTube

YouTube動画の拡散方法を解説!カギとなるのはSNS【4つ紹介】

youtube 動画 拡散方法
youtube動画を拡散して伸ばしたい。運用するべきサイトを教えて!

こんな悩みを解消してきます。

 

本記事では、動画の拡散方法について紹介。

 

この記事を読むことで、動画を拡散する方法が理解でき、youtubeと同時運用するべきサイトがわかります。

動画が拡散すれば、
再生数やチャンネル登録者を
一気に獲得することができますよ。

さっそくこれから紹介していきますね。

youtubeの動画を拡散するにはSNSの運用が基本

 

動画を拡散するためには、
SNSの運用は基本です。

 

理由は以下のとおり。

利用者が多い
youtubeだけでは限界がある
誰にでもバズを起こす可能性がある

 

youtubeの関連動画に表示すれば、
拡散されなくとも再生数はとれますが、
そう簡単に伸びないのが現実です。

 

そのため、youtubeを運営しながら
SNSで拡散していくやり方がベスト。

ペンコツさん
ペンコツさん
youtubeとSNSの二つを運営するのが理想的

 

これからYouTubeと同時運用するべきSNSを紹介していきますね。

 

~youtube 拡散方法~
youtube
と同時運用するべきSNS4選!

  1. Twitter
  2. Instagram
  3. TikTok
  4. ニコニコ動画

定番な4つですね。

1つずつ順番にみていきましょう。

 

①Twitter

 

1つ目がTwitterですね。

 

Twitterはいうまでもなく
多くのユーザーに使用されているので、
圧倒的に拡散されやすいです。

 

Twitterの効率的な運用方法をあげていきます。

 

Twitterで拡散されるためには

  • リプをして交流を深める
  • いいねを積極的にする
  • 自分からフォローする

 

Twitterで拡散してもらうためには
自分をアピールしていく必要があります。

 

②Instagram

 

2つ目はInstagramです。

 

youtubeと相性が悪いと考える人もいますが、問題なく自身のチャンネルに集めることができます。

動画の投稿も可能なうえ、
ストーリーで宣伝だってできます。

 

Twitterほど可能性はないかもしれませんが、
ジャンルによってはインスタの方が
拡散される可能性もありますね。

 

例えば、youtubeに料理動画を投稿しているなら、料理の画像や動画を定期的に投稿してみる。

他のジャンルでも工夫しだいで、それなりに拡散されます。

 

効果的な運用方法は以下で紹介。

 

Instagramで拡散されるためには

  • ハッシュタグを入念に
  • ストーリーで定期的に宣伝する
  • 自分からフォローする

 

インスタで拡散されるためには、
ハッシュタグの存在が重要です。

ハッシュタグ検索の上位に表示されれば、それなりに流入が増えます。

検索数が多いキーワードを狙えばよいわけではない。

ハッシュタグ件数の多いキーワードは避けるべき
1,000~50,000くらいを狙うとよい

 

youtubeに誘導するための投稿やストーリーを事前に作成しておくと拡散されたときに流入を獲得することができるでしょう。

 

利用ユーザー数も多いため、
運用しない手はありません。

 

③TikTok

 

3つ目はTikTokです。

 

TikTokは動画をメインとしたサービスです。

誰でも気軽に投稿でき、
ユーザーに反応してもらいます。

 

TikTokとyoutubeは相性抜群でして、
Youtubeに動画をあげている方は、
必ず運用するべきSNSの一つになります。

 

理由は単純で、だれでもおすすめに表示される可能性があるから。

おすすめに表示されれば、
視聴される回数や共有数も増えていきます。

 

短い動画をあげるだけで自動的に拡散されるのは、たいへん手軽ですね。

 

TikTokの効果的な運用は以下。

 

TikTokで拡散されるためには

  • 流行なハッシュタグを選別
  • 表示回数の多いハッシュタグは避ける
  • 字幕を付けた動画を投稿する

 

TikTokに投稿するときも
Instagramと同様に
ハッシュタグを用いましょう。

追加すればするほど、
おすすめ表示される可能性が高くなります。

 

④ニコニコ動画

 

4つ目はニコニコ動画です。

 

ニコニコでは
youtubeであげている
動画を投稿しておけばOK。

拡散される割合は
今回紹介した3つの中では
限りなく低いです。

ただ、youtubeで伸びなかった動画が
ニコニコ動画で伸びる可能性もあるので、
興味本位で投稿してみるのもいいですね。

 

ニコニコの効果的な運用は以下。

 

ニコニコで拡散されるには

  • youtubeでも投稿していることを全面的に出す
  • タグやタイトル付けを入念に
  • ネタ動画を投稿

 

~youtube 拡散方法~
動画が拡散されるのに必要なこと

 

  1. 仲間を作る
  2. 多くの人に認知してもらう

順番に解説していきますね。

 

拡散されるために必要なこと①:
仲間を作る

 

拡散されるためには
まず仲間集めからです。

フォロワー0人が
バズを起こすのは不可能です。

拡散されるためには、
仲間の手助けが必要になります。

 

「なぜ仲間が動画の拡散に必要になってくるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

拡散されるまでの流れを抑えておくと理解しやすいので以下で紹介。

SNSに投稿した内容に仲間が反応
→新規のユーザーが発見
→新規のユーザーが反応

この流れを作る過程が必要になります。

 

例えば、
Twitterを例にするとわかりやすいですね。

「いいね」や「RT」の多いツイートほど
タイムラインに表示されるものです。

フォロワーの「いいね」や「RT」の
土台作りが完成すれば、後は反応待ちです。

 

拡散してもらうためには
仲間を作り、反応してもらいましょう。

 

拡散されるために必要なこと②:
多くの人に認知してもらう

 

拡散されるためには
多くのユーザーに知ってもらう必要があります。

 

つまり、
長期的なSNS運用が望ましいということです。

短期間で有名になることは不可能なので、
まめな積み重ねが必要になりますね。

 

多くの人に知ってもらえるようになるとYoutubeの流入にもつながり、拡散される可能性も高まるのでSNS運用に挑戦してみるのも良いかと。

 

youtube動画の拡散方法を解説:
まとめ

 

今回はyoutube動画の拡散方法について解説していきました。

 

内容をまとめていきます。

 

拡散されるためにはSNSの運用は必須です。

youtubeを本気で伸ばすなら
やっておくべきSNSを以下で紹介。

 

youtubeと同時運用するべき4つのSNS

  1. Twitter
  2. Instagram
  3. TikTok
  4. ニコニコ動画

 

拡散されるために必要なことは以下。

  1. 仲間を作る
  2. 多くの人に認知してもらう

味方をがっちり固めましょう。

徐々に反応が増えていき、
拡散されるようになっていきます。

それまでかなりの時間が必要ですが、流入源を確保するためにもやっておいて損はありませんね。

 

“悩むよりもやる”です。
実際に試してみるのが良いでしょう。

 

今回は以上になります。

 

>>【考察】YouTube動画の再生回数を増やすコツを徹底分析

ABOUT ME
アバター
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ