生活

動画に写ってる人物だけ切り抜きする方法【画像付きで解説】

動画 切り抜き 人物
・動画の切り抜きをしたい…

・動画の中の人物だけ切り抜きたいけどどうやるの?

こんな疑問を解消していきます。

 

動画の切り抜きができれば、
色々な背景に追加したり、
映像に自由に貼り付けることができます。

より面白い映像だって作成することができるでしょう。

 

ただ大変手間な作業になります。

生半可な覚悟では、
苦労することになるので、
ご注意ください。

今回は動画の切り抜きの方法を伝授していきます。

ぜひ最後までご覧下さい。

ペンコツさん
ペンコツさん
さっそくみていくよ

 

~動画 人物切り抜き~
まず準備するもの

 

今回切り抜きに必要なソフトを紹介。

どちらも無料で使用可能になります。

 

Aviutlの導入方法は以下の動画を
参考にするのが良いでしょう。

▼Aviutlの導入方法▼

 

~動画 人物切り抜き~ 
動画を切り抜く手順を画像付きで解説

 

動画を切り抜く手順

  1. Aviutlを起動
  2. 切り抜きたい動画を追加
  3. 静止画を右クリックでコピー
  4. remove.bgにて画像を切り抜く
  5. 切り抜いた画像をAviutlに貼り付け
  6. 動画範囲を決定し、出力する

順番に解説していきます。

 

動画を切り抜く手順①:
Aviutlを起動

 

インストールしたAviutlを起動します。

動画 切り抜き 人物

右上の再生ウィンドウは無くても構いません。

 

動画を切り抜く手順②:
切り抜きたい動画を追加

 

切り抜きたい動画を決定し、
タイムラインに追加します。

動画 切り抜き 人物

今回はネコの動画を数秒だけ切り抜きます。

 

動画を切り抜く手順③:
静止画を右クリックでコピー

 

Aviutlの左上が静止画になります。

左上画面を右クリックし、
「クリップボードに出力イメージをコピー」を選択。

動画 切り抜き 人物

 

キーボードの矢印(左右)で
ワンフレームごとの静止画が
表示されます。

今回は約20枚もの静止画を組み合わせて、
1つの動画にしていきますね。

 

動画を切り抜く手順④:
remove.bgにて画像を切り抜く

 

remove.bgに移動。

動画 切り抜き 人物

こちらのサイトでは、
動画の切り抜きを自動的に行うことができます。

先ほどコピーした画像をCtl+vで貼り付け。

動画 切り抜き 人物

 

上手く切り抜かれた画像をダウンロード

これを延々と繰り返していきます。

 

完璧に切り取れない場合、
以下の方法で修正していきます

 

例えばネコの鼻先がうまく切り取れていないこちらの画像。

切り取った画像の
右上にある「編集」をクリックします。

動画 切り抜き 人物

続いて、ブラシマークの削除/復元をクリック。

動画 切り抜き 人物

画像に合わせて、ブラシサイズを調整し、
不要な背景部分を塗っていきます。

動画 切り抜き 人物

そして、最終的にこうなりました。

動画 切り抜き 人物

鼻先に合った緑の背景部分が
綺麗になくなりましたね。

 

remove.bgでは高精密な切り抜きを自動的に行ってくれます。

ただ、すべての画像を思い通りに切り抜くのは至難です。

 

切り抜けなかった場合、
安易にphotoshopを使用するようにしています。

 

Photoshopにはremove.bg並みの性能と
それ以上の画像編集機能が備わっています。

photoshopは有料ですが、
その分できることも多いので
画像編集を楽しみたい方はチェック必須。

 

動画を切り抜く手順⑤:
切り抜いた画像をAviutlに貼り付け

 

④と⑤の作業を繰り返し、
画像をすべて保存出来たら、
Aviutlのタイムラインに一つずつ追加。

動画 切り抜き 人物

画像を挿入する際は、
タイムラインを右クリック
   ↓
メディアオブジェクトの追加
   ↓
 動画ファイル
これで挿入できます。
※もちろんドラッグ&ドロップでも可

 

ここで注意してほしいのは、
アルファチャンネルを追加にチェックを入れる
これを忘れないようにしましょう。

動画 切り抜き 人物

 

今回、私の方では画像は全部で20枚。

動画にすると1秒になりました。

これでもかかった時間は10分くらい

 

動画を切り抜く手順⑥:
動画範囲を決定し、出力する

 

画像ファイルを並べ、
スムーズに再生できることを確認します。

画像ファイルを2フレームずつ
挿入していくとスムーズな動画を作成可能。

 

画像を並べ終えたら、
動画範囲を選択します。
最後のオブジェクトでOK。

動画 切り抜き 人物

 

完了したら出力を選択。

今回の場合、avi出力を選択していきます。
※後ほどmp4で背景透過のやり方を解説

動画 切り抜き 人物

 

一応これで完了。

 

今回は簡易的なものなので、
時間はかかりませんでした。

より長い動画を切り抜くとなると
相当な労力が必要になりますね。

 

AVI出力でうまく透過できなかった場合、
mp4での出力をお試しください

 

~動画 人物切り抜き~
切り抜かれた動画をmp4で保存する方法

 

先ほどはaviファイルで出力を行いましたが、
今回はmp4で出力を行っていきます。

※今回紹介するやり方は
アルファチャンネルにチェックの必要なし

 

背景が透過された画像を
準備できたら、従来通り、
タイムラインに画像を並べていきます。

動画 切り抜き 人物

並べ終えたら、
タイムラインを右クリック。

動画 切り抜き 人物

「メディアオブジェクト」→「図形」を選択。

動画 切り抜き 人物

 

挿入できたら、
図形の部分を「背景」に変更。

動画 切り抜き 人物

色の設定は黄緑色にしてください。

動画 切り抜き 人物

黄緑はとくに正確な切り抜きが可能。

 

追加出来たら、
フレームの一番上に持ってきます。

 

そして最後の仕上げ。

図形のタイムラインを選択した状態で、
「+」マークを選択します。

動画 切り抜き 人物

「クロマキー」を追加。

動画 切り抜き 人物

続いては「キー色の取得」をクリック。

動画 切り抜き 人物

背景の緑色をクリックします。

動画 切り抜き 人物

すると色が抜け、
背景が黒色になりました。

動画 切り抜き 人物

これで透過は完了です。

 

後は出力のみ。

ファイル→プラグイン出力→拡張 x264出力をクリック。

動画 切り抜き 人物

ビデオ圧縮を選択。

動画 切り抜き 人物

プロファイルを選択します。

動画 切り抜き 人物

プロファイルは高画質でOK。

これであとは出力待ちです。

 

~動画 人物切り抜き~
出力するのにエラーが出る場合

 

出力がうまくできないよ…

出力したけど音が出ない…

こんな方は以下の解決策をご覧ください。

 

出力の最中、私の方でも問題が起きたのでその解決策を伝授していきます。

私が実際に起きた問題は、
音声が追加されていないこと。

原因は音声ファイルはquuaでなく「ffmpage」
出力の必要があることが発覚。

▼こちらの動画の後半部分で言及▼

 

ffmpageのインストールや導入の仕方はこちらで詳しく解説されています。

 

~動画 人物切り抜き~
切り抜いた動画の活用例

 

さて、長らく解説していきましたが、
今回の解説用に切り抜いた動画を
実際に活用していきます。

 

草原に画像を追加。

 

こんな面白い感じにも出来ます。

 

切り抜いた動画の使い方は無限大!

自分の好きなように楽しめます。

 

~動画 人物切り抜き~
動画を切り抜くのに便利なサイトを紹介!

 

動画を切り抜くのに
超便利なのはAfter Effectsです。

After Effectsなら、
今回の作業を大幅にカット可能。

 

動画再生中に切り抜きを
実行できるので、
効率化を求めるならAfter Effects

 

↓   ↓   ↓   ↓

 

7日間無料体験あり

気に入らなければ無料期間中に解約すれば0円

 

~動画 人物切り抜き~
動画を切り抜く手順を紹介!

 

今回は動画を切り抜く手順について解説していきました。

動画を切り抜く手順

  1. Aviutlを起動
  2. 切り抜きたい動画を追加
  3. 静止画を右クリックでコピー
  4. remove.bgにて画像を切り抜く
  5. 切り抜いた画像をAviutlに貼り付け
  6. 動画範囲を決定し、出力する

様々な工程があるので、
苦労するかと思いますが、
これをマスターすれば自由に切り抜きが可能です。

もう一度こちらをタップして切り抜き手順を確認する

 

今回、切り抜きの際に使用した
remove.bgは優秀なサイト。

精密な切り抜きが自動で行われます。
ただ、絶対的な正確性は持ち合わせていません。

 

なので、PhotoshopAfter Effects
この機会に導入してみるのもよいでしょう。

7日間無料で利用できますので、
チェックしてみてください♪

 

今回は以上になります。

それでは~👋

 

ABOUT ME
アバター
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ