電子書籍 PR

電子書籍と紙の違いは?最適な使い分けの方法をご紹介!【保存版】

電子書籍 紙 違い 使い分け
電子書籍と紙の違いは?使い分けるにはどうすればいい?

こんな疑問を解決します。

 

この記事では電子書籍と紙の違いに加えて、最適な使い分け方を紹介していきます。

本記事を読むことで、違いが明確にわかり、自分流で電子書籍と紙を使い分けることできるようになりますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

電子書籍と紙の違いを7つ解説!

 

電子書籍と紙の違いは以下の7つあります。

  1. 価格
  2. 所有感
  3. 手軽さ
  4. 読みやすさ
  5. 売却
  6. 購入スピード
  7. 秘密保護

 

順番に解説していきます。

 

①価格について

電子書籍
価格普通安い

 

紙と電子書籍の価格は数十円違います。

具体的にはワンピースの漫画を比較してみましょう。

 

ONE PIECE│値段の比較
  • 紙:484円
  • 電子書籍:460円

 

値段の差は16円程度になります。

たったこれだけならどっちを選んでも大差ないかな。

そう思ったかもしれませんが、電子書籍は割引で購入する方法が充実しています。

例えば、クーポンを使って半額の値段で購入したり、キャンペーンを活用して還元ポイントを獲得し、通常よりも安く購入するなど。

紙よりもお得!なんていわれる理由はここにあるんですね。

関連記事電子書籍クーポンを配布中のサイト7選!

 

より詳しく価格を抑えて読みたい方は「漫画を安く読む方法!」をご覧ください。

 

②所有感について

電子書籍
所有感ありなし

 

所有感は意外に幸せな感情です。

消費して失われる食べ物とは違って、少し背伸びして購入した洗濯機は残り続けます。

長期的にみてどちらが幸せかといえば、何度も使うなかで買ってよかったと思える洗濯機ですね。

 

このように紙の方が所有感という幸せが与えられます。

とはいえ電子書籍サイトebookjapanなら、
所有感を与える「本棚機能」もあったりもします

スマホから購入した作品の背表紙をいつでも見返すことが可能。

 

とはいっても紙の方がモノとしての認識が強いです。

コレクション感覚で集めたいあなたは紙を選ぶとよいでしょう。

 

③手軽さについて

電子書籍
手軽さ重い軽い

 

紙と電子書籍は重量感に違いがあります。

紙は重く、電子書籍は軽いです。

 

紙は必要な冊数分購入するとなると数十冊も集まれば大容量になります。

一方で電子書籍ならスマホ一台でOK。

これだけでも重量に大きな差が生まれますね。

 

スマホ一台で布団の中でも、外出先でもどんな場所でも楽しめます。

手軽さというメリットはバカになりませんね。

 

④読みやすさについて

電子書籍
読みやすさ読みやすい読みにくい

 

読みやすさでいえば紙は比較的読みやすいです。

スマホで電子書籍を読むと、
細かい描写は少しみずらい部分があります。

日本指で拡大縮小すれば問題解決になりますが、多少の手間がかかりますね。

 

電子書籍の読みにくさを改善するなら、スマホでなく、タブレットで漫画を楽しむとよいでしょう。

 

⑤売却について

電子書籍
売却不可

 

紙で買った漫画を売ることはできます。

ですが、電子書籍で買った漫画を売ることはできません。

スマホやタブレットなどで友達や家族に共有することはできますが、お金に変換することは不可能。

 

今、購入しても将来的に何度も繰り返し読む漫画なら電子書籍の購入でOKです。

ただ、売る可能性がある作品なら紙で購入するのが理想的ですね。

筆者
筆者
ここは購入する作品によって判断しましょう。

 

⑥購入スピードについて

電子書籍
購入スピード遅い早い

 

漫画を購入するまでにかかる時間は電子書籍が圧倒的に速いです。

その理由は購入した瞬間からスマホで即楽しめるから。

 

購入にも手間がなく、クレカやPayPayなどあらゆる決済方法で漫画を読むことができます。

家から出ることなく、自宅で購入して楽しめるのが最大のメリットとなりますね。

もちろん紙も通販を活用すれば、自宅から出る必要はありませんが、届くまでに1,2日の時間がかかります。

 

筆者
筆者
ストレスなくすぐに楽しめるから電子書籍は最高です♪

 

⑦秘密保護について

電子書籍
秘密保護なしあり

 

漫画作品を紙で購入すると親や友達など周りの人にバレてしまします。

ですが、電子書籍ならそういったプライバシーは完璧に保護してくれますね。

 

購入するのに抵抗のある作品は一つや二つどころかたくさんありますよね。

「見られたくない本を家に置いとくのはな…」「家に本を隠しててもいずれバレる可能性もあるし…」といったように精神的に安定しません。

これらの悩みを解決できるのが電子書籍です。

 

電子書籍のデータはスマホに保管されるので、ロックを解除されて、アプリを開かれない限りはどんな漫画を購入してもバレません。

スマホを触りながら漫画作品を楽しんでも、はたから見ればスマホをいじってるだけにしか見られませんからね。

 

 

以上、ここまで神と電子書籍の違いについて7項目を解説していきました。

 

紙と電子書籍の違いまとめ
電子書籍
価格普通安い
所有感ありなし
手軽さ重い軽い
読みやすさ読みやすい読みにくい
売却不可
購入スピード遅い早い
秘密保護なしあり

 

全体的に見るとこんな感じ。

価格重視なら電子書籍。売却したいと考えているなら紙など違いは様々です。

あなたに合った方を選択されるとよいでしょう。

 

電子書籍と紙の使い分け

 

このご時世、電子書籍と紙を両方所有している人が増えています。

 

20代や30代の方はあらゆる目的で使い分けています。

というわけでここから具体的に電子書籍と紙の使い分けについて解説していきます。

 

最適な使い分けはこれ!

 

紙で買うのはなぜですか?

その理由は「本屋で買うのが習慣だから」「コレクションとして集めたいから」「本棚に空きがあるから」など。

本屋に立ち寄ってよさそうな本があれば購入する人も多いでしょう。

 

ですが、周りの視線やレジに持っていくのに勇気がいりますよね。

例えば、自己啓発や派手な雑誌とかです。

自己啓発は自分の悩みを開示しているようなものなので、人によっては本屋で購入するのは恥ずかしいという人もいます。

 

筆者
筆者
恥ずかしいと感じる方はネット通販を利用する人も大勢いますよ!

とはいえネット通販で購入しても、
すべてが解決とはいきません。

部屋に本がある以上、家族や友人に本の存在が見つかってしまいます。

 

これだと買いたい本を買えないよ~

と頭を抱えてしまうんですね。

 

繰り返しになりますがそんな悩みを解決できるのが電子書籍です。

電子書籍を使えば、誰にもバレずに読みたい時に読みたい場所で楽しめます。

スマホのロックを解除されなければ、購入したこともバレないし、どんな本を読んでいるのかも他人にはわかりません。

 

このようにそれぞれのメリットを生かし、
目的に応じて使い分けるのがベストのやり方です。

内容をまとめていきましょう。

 

電子書籍
  • 安く購入したい作品
  • 見られたくない作品
  • コレクションとして保管したい作品
  • 売却する可能性が高い作品

 

筆者の場合、安さ重視で電子書籍を買う。
電子書籍で読んで気に入ったら紙で買うですね。

使い分けの方法は人それぞれです。

筆者
筆者
とはいえ電子書籍は基本的に紙よりも安く購入することができるので、9割電子書籍で購入しています。

 

※電子書籍安いサイトリンク

 

電子書籍と紙はどちらがおすすめ?

 

どちらもおすすめですが、
強いていうならば電子書籍がおすすめ。

理由は値段が安いのとモノが増えないことが最大の魅力だからですね。

関連記事電子書籍の買い方をiPhoneユーザに向けて解説!

 

とはいっても「値段が高くても紙の方がいいよ~」という方もいると思うので、最終的な判断はあなたにお任せします。

電子書籍も紙も双方にメリットデメリットがあります。

あなたが買って満足する方を選びましょう。

 

電子書籍のメリットとデメリットは下記の内容で記載しています。

電子書籍 メリットデメリット1
電子書籍のメリット・デメリットを紹介!筆者の体験談をもとに解説!この記事では電子書籍のメリットやデメリットを解説します。本記事を読めば電子書籍の全貌が分かり、どんな良い点悪い点があるかが分かりますよ。ぜひ電子書籍での購入を検討している方はご覧ください...

 

電子書籍と紙の違い!使い分け:まとめ

 

この記事では電子書籍と紙の違いについて解説していきました。

違いは全部で7つあります。

紙と電子書籍の違いまとめ
電子書籍
価格普通安い
所有感ありなし
手軽さ重い軽い
読みやすさ読みやすい読みにくい
売却不可
購入スピード遅い早い
秘密保護なしあり

 

以上の7点が紙と電子書籍の違いです。

電子書籍はあらゆるメリット・デメリットが存在します。

これらを補うために紙と使い分けていくとよいかもしれませんね。

 

なるべく安く購入したい。
購入がバレたくない作品なら電子書籍。

売る可能性がある。
コレクションとして集めたいなら紙。

この使い分けでOKです。

 

あなたのやり方で自由気ままに紙と電子書籍を使い分けてみてはいかがでしょう。

今回は以上になります。

それでは~👋

 

関連記事電子書籍のメリット・デメリットを紹介!

関連記事おすすめの電子書籍サイト3選!

ABOUT ME
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ