YouTube

YouTubeの10万回再生は収入でいうと1万円!リアルなデータをもとに解説!

youtube 10万再生 収入
YouTubeの10万再生の収益は平均でいくら?

こんな疑問を解消していきます。

 

本記事ではリアルな収益データをもとに解説。

本記事の信頼性

筆者は実際にYouTube上で10万再生を獲得しています。

 

10万再生で収益がどのくらいもらえるのか知りたい方やこれからYouTubeで稼いでいきたい方は必見です。

ぜひ最後までご覧ください。

YouTubeの10万再生の収入を公表!【画像付き】

 

結論、10万再生を獲得すれば1万円以上は稼げます

1再生当たりの単価は0.1円となりますね。

YouTube界隈で1再生0.1円はよく耳にするのではないでしょうか。

 

しかし、1再生回数の単価は動画のスタイルによって大きく変動します

例えば、ショート動画の1再生の単価と8分以上の動画の再生単価は200倍の差

 

それぞれの動画スタイルによって単価の異なる理由から10万再生で得られる収入の具体的な数値までを徹底解剖していきます。

  1. ショート動画
  2. 2,3分の動画
  3. 8分以上の動画

上記の3つの動画スタイルですね。
順番に見ていきましょう。

 

①ショート動画

 

初心者でも簡単に再生数を稼げるショート動画ですが、再生単価はかなり低いです。

具体的には、ショート動画で10万再生されても得られるのは100円前後。

 

再生単価は0.001円ですね。
かなりコスパは悪いと言えます。

 

ではその根拠となる画像を見ていきましょう。

  • 視聴回数:5,800,000再生
  • 収益:3,000円

 

こちらは海外のYouTuberデータになります。

ご覧のとおりで500万再生でも稼げるのは3,000円とかなりコスパは悪く、再生単価は0.0005円。

このようにショート動画の場合は再生数を稼げても収益につながりにくいのであまりおすすめはできません。

 

とはいえショート動画を投稿するメリットはいくつか存在するので、積極的に投稿するもよいでしょう。

※メンテナンス中

 

②2,3分の動画

 

2,3分の動画の再生単価は0.1円

ちなみにシーズンによって再生単価は多少の変動があります。
※0.08~0.15円くらい

 

その根拠となるデータを見ていきましょう。

1日のデータ
  • 視聴回数:107,000再生
  • 収益:11,334円

 

こちらは2,3分の動画のみ投稿したチャンネルのデータになります。

10万再生でぴったり1万円の収入。

単純計算で…
1万再生⇒1,000円
100万再生⇒10万円

これをコスパが良いかについては、人によって意見が変わってきそうですね~。

 

一方で再生数に対して収益が下回る場合も…。

  • 視聴回数:103,000再生
  • 収益:8,814円

 

10万再生以上獲得しても、得られるのは9,000円。

このように時期によって収益単価が変動するんですね~。

 

③8分以上の動画

 

8分以上の動画の再生単価はかなり高め。

具体的な単価は0.2円

短い動画の2倍の単価を獲得することができます。

 

動画が2,3分の動画よりも8分以上の動画の方が単価が優れている理由は一つ。

8分以上の動画は広告を好きなタイミングで配置することができるからです。

なので、広告を表示させる機会が増えるので比例して再生単価も上がるというわけです。

 

8分以上の動画収益の根拠となるデータを見ていきましょう。

  • 視聴回数:131,000再生
  • 収益:29,644円

 

画像の1再生当たりの単価は0.22円。

10万再生で22,000円稼ぐことができています。

 

筆者
筆者
ほぼ同じ再生数なのに、2,3分の動画の+20,000円稼げちゃってるよ…

 

以上。3つのパターンごとに収入比較していきました。

表にまとめましょう。

1再生あたりの単価 10万再生の収入
ショート動画 0.001円 100円
2,3分の動画 0.1円 10,000円
8分以上の動画 0.2円 20,000円

 

8分以上の動画の収益率が高いのは一目瞭然。

もちろんシーズンや扱うジャンルによっても大きく異なります。

 

収入を伸ばすために知っておくべき3つのポイント

 

  1. 登録者数は収入に関与しない
  2. 8分以上の動画を作成する
  3. 質の高い動画を投稿する

順番に解説していきます。

 

①登録者数は収入に関与しない

 

YouTubeの収益を伸ばすのに、
登録者を増やす行為は意味がありません。

もちろん収益化の条件を突破するために登録者数は1,000人用意する必要ありますけどね。

 

実際に登録者が1万人を満たなくても10万円を稼いでいる方もいらっしゃいます。

私もそのうちの一人です。

 

チャンネル登録者数が3,000人でも10万、20万円を稼ぐことができるので、登録者数は優先事項ではありません。

収入を伸ばすために優先するべき項目は“再生数”ただこれだけ。

 

動画の1クリックが1再生になるので、
クリックしたくなるようなサムネを作ることが重要。

視聴者を獲得するためにも代表的な画像編集ソフトPhotoshopでサムネイルを磨くことをおすすめします。

関連記事Photoshopを安く使う方法を画像付きで解説!

 

②8分以上の動画を作成する

 

先ほどもお伝えしたとおりで、8分以上の動画であれば好きなタイミングで広告を挿入することができるようになります。

YouTubeの収入源は広告なので、その機会を増やすことで収益が増加する仕組みとなります。

筆者
筆者
とはいえ、広告を挿入しまくる行為はあまり推奨できません。

 

視聴者にストレスを与えない程度に、
広告は適度に挿入するのが良いでしょう。

具体的には8分の動画であれば、2分ごとに広告を挿入するくらいでOK。

8分以上の動画を量産することで再生単価も2倍以上に跳ね上がるため、効率的に稼ぐことができますよ。

 

③質の高い動画を投稿する

 

8分以上の動画で広告を挿入できるようになったとはいえ、視聴者に広告を見てもらえないと収入にはなりません。

つまり、視聴維持率を高めることが重要になります。

 

そのためには動画編集をして、
質の高い動画を投稿することが必須。

ある程度有名になってしまえば編集なしで視聴者を維持することができますが、それは難しいでしょう。

なぜなら、あなたは有名ではないからです。

筆者
筆者
たしかに、赤の他人の話には興味ないよね..

 

YouTubeで再生単価を上げて効率よく稼ぐには視聴者を動画から逃がさないことです。

そのために編集に注力して、
質の高い動画を投稿しましょう。

おすすめの動画編集ソフトについてはこちらの記事でまとめています。

youtube 動画編集ソフト 初心者
YouTube初心者におすすめする動画編集ソフト3選をご紹介!!動画編集ソフトはいくつもあって、どれでyoutubeの動画を編集していけばいいのかわからない。こんな方には必見の記事になります。youtubeを始めようとしている方、初心者で動画編集ソフトなにに使うか迷っている方は一度ぜひごらんください。...

 

YouTubeの10万再生は広告収入でいくら?:まとめ

 

YouTubeの10万再生が収入でいうといくらになるかについて解説しました。

  1. ショート動画:100円
  2. 2,3分の動画:10,000円
  3. 8分以上の動画:20,000円

 

収入は動画のスタイルによって大きく変動します。

ショート動画はあくまで集客用で、メインは8分以上の動画を作成するのが理想的ですね。

 

今回はYouTubeの10万再生は広告収入でいうといくらになるかについて解説していきました。

ぜひ下の関連記事も一緒にご覧ください。

 

関連記事YouTubeの動画をばずらせる方法!

関連記事YouTubeの稼ぎ方を2つ紹介!

関連記事 YouTubeの再生回数を伸ばすコツ!

 

ABOUT ME
ペコ
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ