YouTube

【攻略】YouTubeを続けるコツ!1年継続している筆者が徹底解説!

YouTubeを継続して投稿するのが辛い…でも頑張って続けたいんだよね。。

この記事では上記のお悩みに役に立ちます。

 

YouTubeを続けるのは至難の業です。

始める人の9割は挫折してしまうといわれており、続けることだけでも難しいとされています。

 

そこでこの記事ではYouTubeを続けるコツを徹底解説します。

筆者の実体験ベースを元にお話ししていますので、ぜひ最後までご覧ください。

YouTubeを続けられない人が続出している理由

 

冒頭でもお伝えしたとおり、
YouTubeを挫折する人は9割越え。

とはいえYouTubeで生活している人や100万円稼いだ!などの夢のある話はよく耳にするはず。

では、なぜここまでYouTubeを継続することができないのでしょうか。

 

答えは、すぐに結果を求めてしまうからです。

YouTubeは特に、年単位でようやく収益化の条件を達成できるといったケースが大半。

 

なので3カ月、半年頑張っても収益化の条件を達成することができないこともあるでしょう。

短期集中型で成果を出そうとしても思うような結果は出ません。

こんなタイプの人は1ヶ月もせずに動画の投稿をストップしてしまいます。

 

このように収益化の条件や稼げるハードルが高いことが要因となって挫折してしまう人が続出していると考えられますね。

 

では、ここからは考え方を変えて、YouTubeを続けるコツを伝授していきます。

継続できるようになると毎月5万円、いや10万円の収入も夢じゃありません。

ぜひ続けるコツを参考にして、収益化を目指しましょう。

 

YouTubeを続けるコツ!ポイントは3つです

 

ではさっそく本題に入ります。

YouTubeを続けるコツは下の3つです。

  1. 長期的な目線で見る
  2. まずは簡単な作業から
  3. 外注に手を回す

 

順番に解説していきますね。

①長期的な目線で見る

 

続けるうえで重要なことは長期的な目線で見ることです。

YouTubeは短期で伸ばすことも可能ですが、再生数が思うように伸びないことの方が多いんですね。

ので、少なくとも年単位の継続は必須となります。

 

収益化の条件を突破するのには時間がかかるので、それまで収益が0の状態で走り続けなければなりません。

収入が0の状態で続けられる気がしないよ。。

そう思う方も一定数いるでしょう。

 

ただ、YouTubeに投稿している動画はすべて”資産”になります。

自分から非公開や削除しない限り動画は残り続け、視聴されればお金が増えます。

 

動画は放置しても稼げる優れたストック型のコンテンツなんですね。

筆者
筆者
あなたが遊んでる間も、寝てる間も稼いでくれるよ!

 

ただし、初めは0円の労働ということで辛いです。

しかし、ある日を境に再生数が急増し、収益化の条件を突破。

そうすると過去の動画も視聴され、毎月の収入が安定的に獲得することができるようになります。

 

やはり、、
長期的な目線が大切です。

短期で結果を出そうと思っても失敗するケースはほとんど。

YouTubeの動画を1本1本入魂して投稿し続けることで、将来の自分が少しでも豊かになることでしょう。

 

②まずは簡単な作業から

 

YouTubeを続けるなら簡単な作業から開始しましょう。

例えば、動画撮影や動画編集を10分だけとか。

なるべく10分を超過しないように継続していくことが重要です。

 

初めはモチベーションのある状態だと思いますが、我慢して1日数分だけ取り組んでみてください。

筆者
筆者
まずは習慣化することが第一優先!

 

2週間くらいで体に染みつくので、
徐々に徐々に作業の幅を広げていきましょう。

このように最初はできるだけハードルを落としてあげます。

コツコツ地道に進めのが一番成長に近いやり方です。

 

野球選手になるために素振りをいきなり100回やってもすぐには上達しないうえに、筋肉痛になって高確率で挫折するでしょう。

自分が「疲れた」と思わない範囲の簡単な作業から始めていくことを推奨します。

 

③外注に手を回す

 

動画編集を外注することでわりとYouTubeを続けられます。

その理由は、自分は動画を撮影するだけでOKだから。

 

外注に回すことで、
他の人が自分の動画を編集してくれます。

この空き時間に動画の撮影を量産すれば、良い循環が回せますね。

有名YouTuberの多くは動画を外注者さんに任せていることもあるため、決められた時間にアップロードされたり何年も続けて動画を投稿出来ていたりもします。

 

中には自分一人でやっている方が多い印象ですが、
それはなかなか長続きはしません。

というのも、YouTubeは数字の変動が目に見えてしまうからです。

 

「あぁ、今日は再生数取れなかった」「高評価が少ないな…」などなど。

渾身の動画の再生数が伸びない時は控えめに言ってかなりつらいですよ…。

 

気持ちの変動が激しいYouTubeですので、動画編集を外注に回してしまうことをおすすめします。

 

ココナラではたくさんの動画編集者さんが応募しています。

1本2,000円~といったように安い価格から編集をお願いすることもできますので、外注を検討してみてはいかがでしょう。

 

月に数本だけでも外注に回してあげることで、かなりYouTubeを続けるのが楽になりますよ。

筆者
筆者
私も外注を開始して、かなり時間に空きが生まれました♪

これならつらい時期でも乗り越えて行けそうです!

 

↓   ↓   ↓   ↓

クリエーターが勢ぞろい

 

 

以上。YouTubeを続ける3つのコツを解説しました。

続いては筆者の実体験ベースにYouTubeのリアルを語ります。

興味があればご覧ください。

 

YouTubeのリアルについて話す【収益の話】

 

筆者について

筆者はYouTubeチャンネルを保有しており、
実際に収益化ができているチャンネルがあります。

 

YouTubeは控えめに言ってかなり稼げます。

 

それこそ1万再生を毎日獲得できるようになると月に10万円くらい稼げる可能性もあります。

もちろんジャンルや動画形式によって変動がありますが、、。

関連記事YouTubeの10万再生はいくら稼げる?

youtube 10万再生 収入
YouTubeの10万回再生は収入でいうと1万円!リアルなデータをもとに解説! こんな疑問を解消していきます。 本記事ではリアルな収益データをもとに解説。 10万再生で収益...

 

YouTubeの動画はストック型ということもあって、非公開・削除しない限りは稼ぎ続けてくれる仕組みづくりが可能。

稼ぐポテンシャルを考えるとYouTubeは最強と言えます。

 

ただ、YouTubeは収益化の条件を突破するまでが大変です。

初めて動画投稿しても、
まったく視聴されないのはいい思い出です…。

 

辛い状況でも継続できる人が報酬を得たりチャンスをものしたりします。

YouTubeの収入が毎月5万、10万円振り込まれるようになったと考えるとどれだけ生活に余裕が生まれることでしょう。

 

実際に私の財布には毎月10万円以上のYouTube収益が振り込まれてきます。

この報酬は諦めないで継続してきたからこそ得られた成果です。

 

諦めるのは簡単です。

筆者の私も何度も「YouTubeやめようかな」と思うこともありました。

そんな状況でも心を鬼にして継続したことで、今わりと幸せです。

 

数字が目に見えている分、チャンネル運営者はかなり苦労することになりますが、頑張って継続してほしいところです。

継続した先には見える景色も変わっていることでしょう。

ぜひYouTubeを続けて、あなたの生活が少しでも豊かになることを願っています。

 

YouTubeを伸ばすために重要なこと

 

結論、導線を増やすことが重要です。

他にも動画を見てみたいな…

そう思わせるような動画づくりを心掛けるとGood。

 

例えば、動画内でチャンネルの既存動画を紹介するとかですかね。

とにかく視聴者を自分のチャンネルから逃がさないための種まきをしましょう。

 

YouTubeを伸ばす具体的な方法については「YouTubeの収益化のロードマップ」で解説しています。

※メンテナンス中

気になった方はぜひご覧ください。

 

YouTubeを続けるコツ!:まとめ

 

YouTubeを続けることは難しいです。

続けるためには以下の3つを意識してみてください。

  1. 長期的な目線で見る
  2. まずは簡単な作業から
  3. 外注に手を回す

 

これらのコツを実践していくことで、あなたのチャンネルは将来的に伸び、莫大な収益を得られることでしょう。

もちろん、ただひたすら動画投稿すればいいというわけではありません。

 

YouTubeを伸ばすためのノウハウについては、本サイトであらゆる情報を発信しています。

少しでもYouTubeで稼ぎたいというあなたは
下の関連記事を活用してみてくださいね。

 

YouTubeの関連記事
ABOUT ME
ペコ
ペコ
21歳大学生/12ヶ月継続中/現在200記事投稿/月間5桁pv/ブログが趣味で毎日書いてます/依頼やお仕事は下記のフォームからお気軽にどうぞ